パッククッキング倶楽部

ポリ袋調理(パッククッキング)愛好者の交流ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
2週間ぶりに母を見舞います。「今日は丑の日。スーパーのだけどいいよね。たれをかけて食べさせてくれる?」とお嫁さんが言いました。スーパーの総菜屋で買ったものでもいいけど、冷たいままじゃあちょっとね。

「ウナギは半分にしようよ。私もつくってきたから食べてもらいたい。お皿に半分取り分けて、ついでにレンジで温めてもらえます?」

勝手なときにやってきて、あれこれ指示されるのは気分が悪いだろうと思いつつ、小姑は口出しします。毎日世話をしてくれるお嫁さんには感謝しなくてはいけないと、わかっていますが・・・・・

カレー用の大きなスプーンはもう母には食べにくそうで、気になっていました。介護用のスプーンを持ってゆき、「このスプーンは食べさせやすいわ」と、お嫁さんに伝えます。本当は母が食べやすいわけでありますが、そこは多少気をつかいます。

ほかにも伝えたいことはたくさんある。パットに穴開けて重ね当てするのは意味がないとか、でもやめておく。鬼千匹と悪評の高い小姑は飲み込んだ言葉の数を数えます。

スポンサーサイト
このページのトップへ
あらあら、ゆで大根がこんなになっちゃいました。やっぱりタイマーをセットしておかないとだめ。

10日前に買った大根が冷蔵庫に残っていたので、思い立ってパッククッキング。とりあえずふろふき大根にでも・・・・・

「世界遺産フランス縦断の旅」が終わるころに取り出せばちょうどいい、と思ったんです。

寝入ってしまったんですね。こんな状態になりました。夕食はおでんだわ。

06.7.22.jpg

このページのトップへ
 ほんと、探し物って、疲れます。
 やっと一段落して、たまっている領収証の整理をはじめたわいいけど、先月分のストックがそっくり見つからない。

 10日にはあった。翌日、撮影で片づけた。そのときどこかへしまい込んだ。墓参り、講演、取材が続き、留守にした。そうしてる間に、経理のことなど記憶の彼方へ。

 もう夜中の1時を過ぎている。同じところを探している。脳は停止状態にいる。

 「あらっ、こんなところに」、いまとなってはどうでもいいものが見つかった。探そうとするから見つからないのかも。とあきらめて寝てしまおう。でもやっぱり気になる。

 朝からもう一度探し物にチャレンジ。出先でいただいた資料や送付されてきた資料。いろんなものがごちゃごちゃ。探し物がてら整理することにした。

 脳のチャンネルが多重でない。一つひとつ点呼確認しないともう駄目みたい。本日は、探し物で明け暮れる。
「忘れたら忘れるがいい」、そう思うことにした。
このページのトップへ
吉川さんを喜ばせたくて、またまたシモネタです。

昨日の「はなまる」に出ていた池内君、料理の腕はなかなか。でもそれより感心したのがトイレの所作。彼は座ってする。もちろん「小」のほう。

父をポータブルに座らせ、オシッコさせるのが大変だった。立ちション歴80年、刷り込みは容易く消えない。それでも繰り返し「座ってそのまま」と言って聞かせてきた。自力で立てないはずなのに、「しょんべん!」と、なぜかこのときだけは、父は立ち上がる。
「ジャー」
「あららっ」

手遅れかもしれないけど、父に懲りた私は夫を躾ける。義父も仏壇に向かってジャー。絶対、認知症の遺伝子を持っているよね。
「オシッコは座ってしてね!」

「すんだら紙で拭きなさい!」とも言い聞かせている。
一応、私の前では言うことを聞いてくれるが・・・・・

また便座が上がっていた。60年の刷り込みもなかなかやっかい。

吉川さん、いかがなものでしょうか。
このページのトップへ
 今日はシモネタで失礼します。今朝、やっと開通しました。5日ぶりにすっきりした気分です。出るものが出ないと落ち着かないものですね。

 ワンちゃんを見習ったわけではありませんが、外出先ではなぜか出るものが出ません。最長記録は2週間、介護で夫の実家に滞在したときです。次はヨーロッパへ旅行したとき、このときは9日間でした。旅先でいただいたご馳走をすべてお持ち帰りしたものの、だれにもおすそわけできません。

「水が変ると出ない」、よく聞きますが・・・・・。

 朝起きて、コーヒーやお茶を飲みながら1時間ほどぼんやりしていると、お知らせがあるのです。それが狂うとだめです。チャンスは朝のみ、朝一で出かけるときはチャンスを逃します。そして翌日へ積み立ててしまいます。こちらは苦しみの利息つきです。

 これまで「大きいほう」はよそのトイレで足せませんでした。ところが、最近、少しだけ改善されました。朝、時間に余裕があり、ホテルのトイレがウォッシュレットだと、これがヒットするのです。

 だからホテルの部屋へ入るや否や、まずトイレのチェック。ウォッシュレットでないとがっかりです。翌朝に希望が持てなくなってしまいます。

 今回はどちらのホテルもウォッシュレットだったのにアウトでした。帰京後も音沙汰なし。そこで、昨日はごぼうとこんにゃくを山ほど食べました。LG21も。効果があってお知らせが、一段落して次号の編集後記にとりかかります。




このページのトップへ
名古屋は暑かった。京都もと思っていたら、意外に涼しい。午後の一雨が暑さを遠のけたみたい。それにしても大きな雷、一瞬、祇園囃子かと勘違い。今日は宵山。京都は祭り気分の中。

会場は祭りで浮かれている人たちとは対照的。でも熱気は負けてはいない。休憩時間もあまり取らずに9時半から始まった講義が夕方4時まで続きます。

本日のレジメに「山崎さんの摂食の様子を観察」とある。どの山崎さん?
「えっー、私なの。私が観察されちゃうの?」
しっかりお昼をいただいたばかりなのに、食パン、堅焼きせんべい、ふわふわせんべい、お粥、ご飯、トロミドリンク、これ全部食べろと指示が出た。私のダイエット宣言どうなるの。

みんなに見られて食べるのはかなりつらいものがある。味わえない。いつもより緊張し、意識して咀嚼回数を増やしたせいもあって、顎が疲れました。

見守りをされながら食べるお年寄りも、きっと嫌な気分かもしれない。食事は気ままに、ゆっくり、自分の世界で楽しみたい。

そう感じることも、この日の講習テーマなのかと、ちょっと主催者の思いを深読みしてみたが・・・・・



06.7.16*.jpg

このページのトップへ
 名古屋市公会堂は、戦後、一時、アメリカの進駐軍に接収された建物だそうです。戦時下、米軍はこの建物を空爆の射的から外したらしい。進駐したら使おうと、事前にリサーチしていたみたい。勝算は想定内だったのね。

 この日、私たちの控え室として用意された部屋は当時の貴賓室。なんだか、私、勘違いしそう。

「なに、勘違いしてるの。僕にとって、ご主人様の行くところはどこもみな同じ。青テントの中だって、六本木ヒルズだって、重要文化財の建物だって、関係な~い。だからといって、やたらにオシッコなんかしませんよ。ご飯だってほしがりませんよ!」

 盲導犬ディロンの弟君は泰然としていていつも平常心。朝、家を出て、夕方、家へ帰るまで、外出先でオシッコはしないのだそうです。それはワンちゃんだって体に良くない!?

「電信柱に片足上げてオシッコ、とんでもない、そんなお下品なこと、僕はしません!」

 愛犬ゴローは電信柱を見つけると、ひょいと片足上げて、シャーとひっかけてた。いまはあまりみかけなくなったけど、電信柱が好きなおじさん、いましたよね。電信柱を見ると尿意を感じちゃうみたい。それって本能ですか? いいえ、犬も人も習性、ちゃんと学習してこなかったのね。

 ご主人様の御用が済むまで一休み、「さあ、帰ろう」の声かけに、大きな体をゆさゆさゆるりながら車に乗り込みました。
「お行儀がいいのは、ご主人様の愛情と躾の賜物で~す!」
SANY0077.jpg

このページのトップへ
『タベダス』別冊2の『パッククッキング応用レシピ88』は、予約者に本日(7月16日)発送致しましたので、2、3日中にお手元に届くと存じます。
いましばらくおまちください。
世界初の「電気ポット料理レシピ集」と言っても過言ではありません。
小生が考案したソース焼きそばも収録してあります。電気ポットとポリ袋だけでおいしい焼きそばができるのですよ。想像できますか。今後は、定年男を対象に焼きそば指南して全国を歩こうとも考えています。自称「電気ポット料理家」にもぜひ声をおかけください。
(「電気ポット料理家」)

06.7.16.jpg

このページのトップへ
暑くて目が覚めた。まだ薄暗い。時計を見たら4時。エアコンのスイッチを入れたけど眠れない。天気予報によれば、昨日同様、今日も30℃以上になるとの予報です。

この暑さ、明日まで続くらしい。「ものすごい暑さです」と吉川さんからもメール、名古屋の蒸し暑さは半端じゃないらしい。明日はその名古屋へおじゃまします。

ほんと、昨日は暑かった。急な暑さに体がついていけません。1歩、屋外へ出ただけで、汗が吹き出し、目に入り、かすみがちな視力がますますかすみ、先が見えない。脳天がボッーとしてきて朦朧としてきました。

「なんでメロンなんて買っちゃったんだろう」

しかも3個も、地下鉄の改札口に続く駅ビルの店内が涼しかったものでつい手が出たが、外気に触れたとたん「なんで・・・」、これも暑さのせいかも。思考力が低下している。次は西瓜を買っちゃいそうだわ。


このページのトップへ
7月12日(水)

「もうじき着きます!」と清水さんから電話。
あら、あら、大変!
バタバタしているうちに「チャンポ~ン」、ほんとにじきだった。
「オハヨ!」
清水さんのレースのスカートがなんとも涼しげ、ギャルづくり。
「こんな格好で失礼します。暑いから・・・・・」
朝からムシムシ。昨日の撮影で、朝昼夕の献立を2日分つくった。パッククッキングで、本当に良かった。こう暑くちゃあ、煮炊きなんぞ、やってられな~い!

今回は成分表とにらめっこで計量というのがお約束。夕方、やってきた比留間さんは0.1gが表示できるスケールを持参です。
数々の料理をみて、
「こんなに食べてもいいのかしら・・・・・」
「いいのよね」
「いいのです。どうぞ、召し上がれ!」

そんなこんなで半端に残った材料がたくさんあります。かぼちゃとひき肉の残りで、そぼろあんかけなどはいかがでしょうか。


06.7.12.jpg

このページのトップへ
 講習会や取材に追われ、母の見舞いが滞ってしまいました。さほど遠くないのに・・・・・

 大塚さんからいただいたウナギで「ひつまぶし」をつくってみた。母の大好物の白花豆の煮豆。午前中、2時間あまりポットに放り込んでおいたごぼうはほっくり軟らか、牛肉の残りを加え、調味してもう一度パッククッキング。なんとか夕飯に間に合いそう。

 保冷パックに入れて出かける。20分後でもまだほかほか。
「どれどれ、ご馳走になろうか」
「肉がちょっと硬いみたいだわ」
「よく噛めばいいのだから・・・」
「そうね。よく噛んで食べてね」
「いい味だねえ・・・」
 病気になってから、母はつくり手をほめるのが上手になりました。

「もうそろそろ歯磨きしようか、それとも口の中はまだおいしい?」
「まだおいしい」
「歯を磨くのがもったいなね。もう少しあとにしようか」
 にっこり微笑みながら母はうなずく。

 やっと自食できる、ときには全介助で食事を食べさせてもらう、声かけにも反応できないこともあります。
「入れ歯、外せるかな?」
 上顎の入れ歯から外し、下顎を外し、歯ブラシで顎を磨く。
「きれいになったかな。エッーと舌を出してみて」
 残滓もない、舌苔もない。
「今度はペコちゃん、ポコちゃん、はい、よくできました」
「おいしかったわ」と母。母が冴えているとうれしい!



06.7.10.jpg

このページのトップへ
 印刷屋さんから校正紙が届きました!
 きれいに出来上がりすぎかな。
「皆さんにお届けするレシピ集は、だれでも同じにつくれる、これがうたい文句なのだから、美しさだけばかりを強調したくないね。絵本じゃないから・・・・・」
 そうはいっても、見た目も大切。おいしそうに見えれば「つくろうかな」って思ってもらえる、それもありですね。
『パッククッキング応用レシピ88』は、20日に出来上がる予定です。予約されている皆さんには大変お待たせし、申し訳ございませんが、もうしばらくお待ち下さい。
 お待たせした分もきっと納得していただけると、確信しています。
 毎日、蒸し暑いですね。でもパッククッキング生活でダイニングは涼しいまま、この1冊で、わたしの食卓はフルコース、もう笑いが止まりません! 



06.07.hyousi.jpg

このページのトップへ
 最近、どこへ行っても最年長。久しぶりに今日は最年少。「若くていいわね」ですって!
 東京都老人クラブ連合会・城北ブロック主催のパッククッキング講習会場。約束の時間に会場へ着くと、代表の方、お手伝いの方たちがそろいのエプロン姿で迎えてくれた。
「じゃが芋、どうしましょうか」と腕まくり。
「今日は東京新聞の取材があるから張り切っていきましょう!」
「えっ、私たち、新聞に載るの?」
 ちょっぴり期待感に、はにかむ皆さんたち。
「まあ、すてき、ネイルサロンで?」
「まあね、だから鍋を洗いたくないの」
 爪のお化粧がとれたら大変。でも、洗い物はお皿と湯のみだけ。爪はどうかなあ。なんとかセーフ。
「上野駅前のきつね寿司、店を閉じたの。おいしかったのに・・・」
「あらっ、残念。じゃあ、これからはパッククッキングで、食べたい分だけおいなりさんをつくってね」
 果たして、パッククッキングでつくったいなりずしはきつね寿司を超えられるだろうか!?
「私、何歳に見える?」
「私と同じぐらいかしら?」とちょっと控えめに。
「まさか、70をとっくに超してるの。もう4つもよ」
「ええっ、それは若い。百までがんばれそう」
「まさか!」
 彼女、試食はいつもいちばんだった。大丈夫、きっとあなたは百歳万歳!
「炊飯器とポットを抱え、この先もずっと自炊生活を続けましょう!」のシュプレシコールに皆さんたちは大きくうなずいてくださった。 
 

星3つ!

このページのトップへ

FC2Ad

Information

パッククッキングの伝道師
  • Author: パッククッキングの伝道師
  • レシピ集発売中
    『平常時は電気ポットで家庭版真空調理/非常時はカセットコンロで救命パッククッキング』
    (本体1800円+税90円+送料80円)
    郵便振込口座:パッククッキング協会 00160-5-336468
    連絡先:090-1046-3229(松井)
    メール:packcooking
    @i.softbank.jp

Search

Calendar

06月 « 2006年07月 » 08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

ご意見・ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。