パッククッキング倶楽部

ポリ袋調理(パッククッキング)愛好者の交流ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
10月29日

パッククッキング愛好家の皆さんへ!

真空調理およびパッククッキングに科学のメスを入れるようなテレビ番組が放送されそうです。時間のある人はぜひ見て、ビデオをタベダス編集部にお送りいただけませんか。残念ながら、NHKのBSですので、編集部では見られません。


アインシュタインの眼「美食の最先端~分子料理法~」
チャンネル :BShi
放送日 :2007年10月30日(火)
放送時間 :午後10:00~午後10:45(45分)

詳細は

http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2007-10-30&ch=10&eid=16112

で確認して下さい。
スポンサーサイト
このページのトップへ
10月28日

台風一過の今日はわが編集部のある本郷で「第5回文の京本郷いちょう祭り」です。パッククッキング倶楽部メンズ部会では昨年に引き続きブースを出して、町民の方々にパッククッキングのABCを伝授します。今年は震災に的を絞って、小生が考案した「あったか防災おにぎり」と「あったか防災お粥」を試食していただく予定です。

お近くの方はぜひお越し下さい。

日時  平成19年10月28日 12~14時
場所  本郷台中学校校庭(地下鉄本郷三丁目駅下車、徒歩1分)

071028.jpg

このページのトップへ
10月27日

もう笑っちゃいました。
だって、「お餅、焼くことない」って発行人がいうのです。

実は今年収穫したもち米でついたお餅をいただいたんです。
だけど餅網がない。せっかくのつきたても餅です。すぐ食べたい。

以前、パックに直接入れたら、ポリ袋に張り付いて、どうしようもなかった。さてどうしよう。

ひらめいた!
餅に海苔を巻いてポリ袋に入れるのはどうかしら……
試しにやってみました。

98℃:20分加熱。いい感じです。
つきたての餅で磯部餅、おしょうゆをちょっとつけていただきました。


071027.jpg

このページのトップへ
10月26日

ポリ袋についてのご質問(10月25日コメント「このナイロン袋は食品衛生法に通ったものですか。もし通っていないものを使っている場合は、100℃程度の温度でもナイロン袋の成分が食材などに溶け出る可能性はありませんか?」)にお答えします前に、私たちが勧めているのは「ナイロン袋」ではなく「ポリ袋」であることをお断りさせていただきます。化学には疎いのでナイロン(商品名だと思いますが)がどのようなものかは詳しくは知りませんが、ビニルと同じようなものですか。ポリ袋とビニル袋とは違いますが、詳しくはポリ袋メーカ-の団体である日本ポリオレフィンフィルム工業会のホームページ(http://www.pof.or.jp/kurashi/qa/1.html#q1)を見てください。

さて本題です。
ポリ袋が食品衛生法に通ったものかどうかというお尋ねですが、衛生という点を考えて「食品用のポリ袋を使ってください」と勧めてはおりますが、食品衛生法に通ったものかどうかまでは協会としては配慮していません。なにか問題があるようでしたらご指摘頂ければと存じます。

次に、食品衛生法に通ったものでないと有害物質が溶け出すのではないかというお尋ねですが、食品衛生法に通ったか否かは別にして、食品用のポリ袋全般について当協会では以下のように考えています(化学的事柄ですのでどうしても難解の説明になりますがご容赦ください)。

ポリ袋の材質であるポリエチレンは基本的にはエチレン(炭素と水素から構成されている)を重合させたもので、そのもの自体には毒性等はありません。しかしそれらを重合させる際の触媒や加工する際に必要な添加剤などの影響は残っているものと危惧されますが、塩化ビニル等のような可塑剤溶出の問題はないと思われます。残留成分は極微量であるうえ、国内ではポリオレフィン等衛生協議会のポジティブリストにある添加剤等が使用されており、食品安全性に問題はないとされています。

 また、ポリ袋の融点は107~130℃といわれていますので、100℃前後の状況下で小一時間使用するパッククッキングにおいて、ポリ袋から有害物質が溶け出す心配は極めて小さいと考えられます。

とは言え、「白い恋人」や「赤福」ではありませんが、信頼関係が当てにできない時代です。何があるかわかりません。そのため、「絶対に大丈夫」とは私たちも“保証”できません。あくまで「使用者責任」「自己責任」でパッククッキングをするようお願いをしています。できれば将来、商品テストを自ら行って、協会の「推薦ポリ袋」なるものでもご案内できればと考えますが、国民生活センターといえど予算の関係で商品テストを自粛する時代です。それも容易ではありません。取り敢えずお互いに情報収集に励みたいと思います。今後、ポリ袋や電気ポット等に関して危惧材料がありましたら具体的に情報をお寄せいただければ対処させていただきます。

パッククッキング協会
事務局・松井




このページのトップへ
10月26日

「これから、そちらへ本を買いに伺ってもいいですか?」
10月にインストラクター養成塾に参加し、認定されたばかりのNさんから電話があった。11時ちょっと前。ならば、お昼ご飯でも、玄関先で「はい、ありがとう!」だけじゃ、味気ない、ですよね。

「散らかっているけど、ちょっと上がっていきませんか?」
「本を買いに来ただけなのに、よろしいのでしょうか」
「いま、さつまいもご飯をセットしたから・・・」
「いきなり来て、申し訳ないです」

私、いつもパッククッキングで作り置きしてあるから、不意の来客にも間に合うんです。冷蔵庫の中のバットには出来上がっている小袋がいっぱい。
「何、食べます? お好きなものをどうぞ!」
「わっー、すごい!」
五目豆とかおからとか、地味な家庭総菜ばかり、そんなに驚かれても・・・でも、いつだってさっと出てくるのがすごいかも、お総菜屋さんみたいでしょ。

Nさん、早く電気ポットを買ってね。リサイクルショップでもいいですから…

このページのトップへ
10月25日

88歳になる田舎の母親(義母)に発行人がプレゼントした電気ポットは、ポットの外からも湯の量がよくわかるものだそうです。赤玉が湯量の位置を表示するので、お年寄りにも扱いやすいと大はしゃぎ。発行人はこういうものをよく見つけるんです。使えないものが多くて困るときもありますが…

1リットルのところに赤玉がくるようにポットに水を入れる。パックしたものを入れたときは、赤玉が2リットルの位置まで、それ以上入れてはいけない。確かに単純でわかりやすいし、伝えやすい。

ゆで卵、さつまいも、じゃがいも、玉ねぎ、にんじんなど、適当な大きさにカットし、味付けせずにパッククッキングし、食べるときはマヨネーズやドレッシングをかけたらいいのだから…

母親はかなりその気になっているといいます。その後の様子が楽しみです。さて継続のほどはいかに?

かけをしてみませんか。私は継続のほうにかけます。息子が熱心に勧めることに母親はできるだけ添おうとするんじゃないかしら?
このページのトップへ
10月23日

食事量を減らすと、どうしても「ダス」のほうが滞ってしまいます。

私の場合、効果的なのがおから。1パック30gのおからを作り置きし、毎日1回はおからをいただきます。快調です。

おからをつくるときのコツを・・・
まず、ポリ袋におからやその他の材料をすべて入れておきます。めんつゆと水を別々に加えると、まだらになってしまうので、めんつゆと水はあらかじめ1:10で希釈しておきます。ポリ袋の中に加減しながら加えていきます。おからの水分量がお店によってまちまちだからです。

しっとりするくらいの量が私の好みです。パサついたのがお好みの人は液を少なめに、それと乾物の量を増やすといいですよ。

切り昆布、ひじき、桜エビなどは相性がばっちり、肉を加えるときは液を少なめにするように・・・



このページのトップへ
10月22日

これまで「定額小為替証書」1枚10円でした。本代1,000円と送料200円、2枚買うと、窓口で1220円支払い、80円の切手を貼った封筒に同封して注文。これがいちばん安上がりだったんです。多少、手間がかかるけど、負担の少ない方法でお願いしてきました。

それが民営化で、1枚100円に値上がり。1,300円でよかったのに、1,480円もかかるようになりました。うっかりしていて気がつかず、皆様にはご負担をおかけしました。

今後はゆうちょ銀行の備え付け用紙を利用し、通常の払い込みでお願いすることにしました。
この方法による支払い手数料は、
3万円未満:窓口では120円、ATMでは80円になります。
3万円以上:窓口では330円、ATMでは290円になります。

郵便振替
名義人:有限会社風人社
口座番号:0160-8-135505

通信欄には、『パッククッキング基本レシピ43』『パッククッキング応用レシピ88』書籍名と冊数を書いてください。

金額の欄には、本代に送料を加えてください。なお、送料は何冊でも一律200円です。

入金を確認次第、発送の手配を行います。
民営化による、とんだとばっちりでした。

071022.jpg

このページのトップへ
10月21日

一応、ダイエットは順調なんですが、なにしろ馬肥ゆる秋です。実りの秋です。サツマ芋さん、ピーナッツさんたちが、「さあー、お食べ!」と、そろって声をかけてくるんです。

生の落花生はこの時期の限定です。普段よく食べる硬いピーナッツと違い、塩ゆでにすると軟らかく、はんなりとした味がなんともおいしい。10粒でやめようと思うけど、やめられない、とまらない・・・

その塩ゆでしたもので、ピーナッツ味噌をつくりました。殻を除き、薄皮はそのまま、油で炒め、味噌と砂糖と酒を加えて、練り上げます。これがまた、やめられない、とまらない・・・

もう1粒、もう1粒と手が伸びて、とうとう巨峰も1房、完食。

発行人が帰省中で、週末は私一人、他人の目がないと歯止めがかからないみたい。

「そういう日があってもいいのよ。1日で体重が増えるわけじゃないから・・・」と慰められました。
1日でやめられたらいいけど、それができないからこんなに太っちゃったわけです。リバウンドの文字がチラついちゃって、悪夢にうなされそう。

「栗きんとん」は発行人の故郷の名物。新栗が出回るこの季節の限定なんです。こちらもはんなりしたお味、どうぞお土産に買ってきませんように・・・
このページのトップへ
10月19日

脂がのったサンマのおいしい季節、だけど秋ザケも負けてはいませんよ。生ザケ大振り1切れ120円、それに1本100円の大根を買い、『応用レシピ88』の「サケのみぞれ煮」をつくりました。旬のものは値段も安くて、何よりもおいしいのがたまりません。

秋めいて、大根もおいしいものが出回るようになりました。先っぽは大根おろし、残りの大根は2cm厚さの輪切りにしてパッククッキングで下ゆで。竹輪と煮てもいいし、鶏肉と煮てもいいし、ね。ダイエットも緩やかに順調です。

そういえば、メタボの基準値は見直さないそうよ。日本肥満学会のドンがテレビの記者会見で発表していました。彼、ものすごく太っている。一寸見ではウエスト100センチはありそう。メタボは大丈夫なの?

その次のニュースは、防衛省のドンといわれた元事務次官の接待疑惑。小池百合子とけんかしてた人、辞めたばかりなのにまた疑惑で注目されている。肥満学会のドンは、そのあたりは大丈夫なのかしら…
このページのトップへ
10月17日

いつも集荷に来てくれたお兄さん、近々退職するそうです。夏の前にも一人なじみのお兄さんが辞めたばかり。二人とも大きな体をゆさゆさゆすりながら冬でも半袖シャツ、なのに汗びっちょり、夏はつらそうだった。人柄が良かっただけに残念だわ。

道交法が改正され、駐車できなくなって、宅配の仕事をする人は近隣の駐車場に車を止め、荷物を台車に積み替えて走っている。太っている人にはつらそうだ。

来春からスタートするメタボ検診、従業員が基準値を越してしまうと企業は国にペナルティーを払うことになる。余分な経費がかかってしまうから、どこの企業も戦々恐々。太った社員はリストラ候補の筆頭になるかもね。

二人が退職する前に、パッククッキングを教え、ダイエットを指南したかったなあ・・・



このページのトップへ
10月16日

百歳で現役幼稚園園長、「子供はほめて育てるもの」、「丈夫な体をつくるのに欠かせないのは運動と食事」という。そしてご自分の食事はもっぱら「具だくさんの豚汁」だそうです。簡単だし、いろんなものが同時にいただけるし、忙しい人にはもってこい。普段の食事はこれでいいのかもしれないわ。

朝夕、冷え込んできました。今晩はわが家も豚汁。おいしいお味噌もあるし、白菜、かぼちゃ、にんじん、長ねぎ、ごぼう、半端に残っている野菜に、豆腐、冷凍里芋、豚こま切れを加えてどっさりつくりました。

かぼちゃや里芋、ごぼうやにんじんはパッククッキングで蒸し煮したあと、たっぷりの湯の中で肉を煮て、アクを引き、味噌を溶いた鍋にあけ、豆腐と長ねぎの小口切りを加え、ひと煮立ちしたら出来上がり。

西京漬けのサケを1/2切れ、小松菜の煮浸し、もろきゅう、ご飯100g、おなかがいっぱいです。明日の朝食もこれでいいね・・・
このページのトップへ
10月15日

日本人の米の消費量は、年間で1人平均60kg。1日約160g(1合)ということで、年々、消費量が落ち、余剰米が倉庫にいっぱい。そんな状況なのに、諸外国からは米市場の開放が迫られている。値段の安い外米が入ってくるようになったら日本の米農業はどうなるの。

私も米の消費量がめっきり少ない。朝はパンだし、夜は主食なしだし、ご飯を食べるのは昼食のみ、1日60gしか食べない。発行人にいたっては50gの消費量。平均を大きく下回る。国内の自給率を上げるためにもっと米を食べなくてはいけないかも…

でも、国はメタボ対策に躍起。何が何でも痩せろと煽っています。せっせと米を食べても太らない「方策」を示さないと、メタボ予備軍が増加し、まずいのじゃないかしら…。思いつきの国策に振り回されないようにしないと、ね。

価格競争でしのぎあっている中食や外食チェーン店は、外国産のコシヒカリに注目しているようです。お昼に食べたお弁当、もしかしてご飯は中国産コシヒカリだったりして…

加工品の安全性をチェックするのは難しいし、国内自給率を高めるためにもいちばん貢献できるのは自炊。やっぱパッククッキング生活だわ…

おかげさまで、『パッククッキング基本レシピ43(ご飯だけ炊くんじゃもったいない)』は4刷りになりました。みなさまのご協力に感謝します。今後ともよろしくね!

このページのトップへ
10月13日

もう大昔のことだが、伊勢神宮で初詣をしたいという両親と一緒に出かけたことがあった。楽しみにしていた二見浦の初日の出も寒いだけでいまいちだったし、人手は多いし、そのうえ屋台で買って食べたイカの姿焼きで父はおなかを壊し、散々な旅だった。
「年末年始は紅白を観て、のんびり家で過ごすのがいいわね」と、母が言った。

ところが、母は「赤福」を食べてご機嫌を直した。
「名物にうまいものなしというけど、これはおいしいわ」
以来、名古屋へ出かけたときは、帰りによく赤福を買い、母に届けたものだが、本店の店先でお茶と一緒に食べた2個の赤福のおいしさにはかなわないようである。

郷土の名物は、そこへ出かけて食べるのが一番。
全国どこでも買えるようになると、こういう問題が出てくるのね。
求めてしまう消費者も、食のあり方を考えないといけないみたい。
このページのトップへ
10月12日

普段、頻繁に使うポリ袋の大きさは、11号サイズ(20cm×30cm)のもので、スーパーに設置してあるものです。ロールタイプで1本、2,500枚。合羽橋で最初に買ったときの値段は650円だった。それが780円になり、先日は820円に値上がってました。原油の高騰は、パッククッキングにも影響を及ぼしています。

11号のロールタイプは大量生産量しているせいか、値段はいちばん安い。ということで、もっぱらこちらのものを使いますが、1袋の量をもっと少なく調理するときは、さらに1サイズ小さなポリ袋のほうが使い勝手がいいのです。

10号サイズ(18cm×27cm)のロールタイプはありません。1袋200枚入りで120円のものを買いました。単価60銭、まあ納得できる値段です。これで小さなおかずをつくると、超便利!

実験的に、すべての料理を1袋80kcalでつくってみてほしい、という発行人の希望にそい、五目豆にチャレンジしてみました。茹で大豆は25gです。にんじん10g、干し椎茸、昆布合わせて3g、しょうゆとみりん小さじ1、水は大さじ1、砂糖はほんの気持ちで加えました。これで1食分だとしたらどうですか。みなさんも試していただけませんか。


07.10.12.jpg

このページのトップへ
10月11日

『タベダス』Vol.23、本日搬入されました。遅くなりご迷惑をおかけしますが、お届けまでもうしばらくお待ちください。

ラップ療法、嚥下食ピラミッド、そしてパッククッキングと、
いずれも進化を続けています。さらなる進化を求め、皆さんのご理解と取り組みのほど、よろしくお願い申し上げます。

071011.jpg

このページのトップへ
10月10日

「ちょっとずつ作って食べるのはいいけど洗い物が多くて・・・」
最近、皿洗い担当の発行人がぼやくんです。
ワンプレートの皿が欲しいというので合羽橋(調理道具街)へ行ってきました。

最初に寄った店ではお子様ランチ用のものしかなかった。ライオンさんや象さんの絵柄で、仕切りが3つ。3軒先のお店でも聞いてみた。
店員さんが「いいのがある」と言って探してくれたのがこちらです。

今夜の夕飯からさっそく使ってみました。
サバの薫製50g(大根おろし添え)、かぶのうすくず煮(かぶ1/2個、カニ風味かまぼこ)、かぼちゃの蒸し煮40g、おから40g(おから、にんじん、切り昆布、長ねぎ、桜エビ)、かぶの葉の煮浸し(シラス干少々)、ご飯60g、缶ビール350ミリリットル(糖質0)。

いかがかしら・・・

071010.jpg

このページのトップへ
10月8日

普通のご飯を炊くときは、水しか加えない。普通の硬さのご飯が食べられないときにお粥を炊くのだから、確かにそこへ塩を加えるのはおかしい。

何も入れなければ、海苔の佃煮や鯛みそなど、好きなものをトッピングしていただける。塩を加えたらそれだけで食べるしかないじゃない、という清水さんの話に、いつものことながらうならされる。

野菜も魚も肉も、素材のもっている本物の味、おいしさ、そういうものをまず味わってみたい。その上で好みの味をのせたらいい。

やたらと複雑にしない。これって大切。パッククッキングで食事を作るようになって以来、そのまんまの味を楽しんでいる。

本日、インストラクターのKさんからサツマ芋がどっさりとどきました。ご自分の畑で収穫されたものだそうで、四国だから「鳴門金時」かも。小振りのものを選んでさっそく丸ごとパッククッキング。

このページのトップへ
10月7日

第5期パッククッキング・インストラクター養成塾参加者のみなさま、2日間ご苦労さまでした。時間とお金をかけたみなさんのチャレンジが意義あるものとなるかどうかは今後の活動にかかっています。地域でパッククッキング講習会を依頼される方が続出することを祈念します。

この2日間は山崎も小生もほとんど外食・中食でした。明日、体重計にのるのが怖い2人です。(M)

10.7.jpg

このページのトップへ
10月5日

明日、明後日は第5回パッククッキング・インストラクター養成塾を開催します。参加される皆さん、気を付けてお越しくださいね。準備万端、お迎えする用意が整いました。

くれぐれも会場を間違えないように・・・
「文京区男女平等センター」1階・会議室(地下鉄本郷三丁目駅下車)で行います。

急用の場合は 090-1046-3229 松井まで連絡してください。


このページのトップへ
10月4日

もうだいぶ前のことだけど、発行人がこんな提案をした。
「パッククッキングで、ペットと同じ釜の飯を食うっていうのはどうだろう」と。
「バカ、言ってるんじゃないの!」
私は軽くいなしたが、面白がる人もいて、発行人は本気になった。

バブルがはじけ、「癒し」なんて言葉がもてはやされ、サラ金が全盛期。テレビコマーシャルに出ていた犬が一躍人気者になり、ペットブームの到来もそんな頃だったかもしれない。

近ごろではおイヌ様の介護用品まで市場に出回り、そういえば私の友人の一人はゴールデンレトリバーの排泄介護で毎夜1時間置きに起きて世話をしていた。もう一人の友人は猫だけど、一日置きに透析通いを続けていた。珍しいことではないみたい。

「つい最近、わが家の柴犬が16歳で死んだの。最後は食事ができなくなって、パッククッキングで軟らかく煮たものをつぶし、スープで伸ばし、注射器で口の脇から流し入れたらゴクンと飲み込んだんです。必要な栄養を入れたら元気になって立たなかった足腰が立ち上がったんです。人間と同じだと思いました」

犬の摂食障害にもパッククッキングが有効だと、インストラクターのSさんは言います。おイヌ様の嚥下食ピラミッドも必要かも!?

「あなた、同じ釜の飯、いいかもしれないよ」
「だろっ!」
「売れるかしら…?」
このページのトップへ
10月3日

最近、多機能で高額な炊飯器が出回っている。玄米モードで玄米を炊きながらパッククッキングをすると、失敗するそうです。私、やったことないから「そうなの?」と、答えるだけ。

高額な炊飯器を買う人は、おいしいご飯が食べたい、玄米もおいしく炊きたい、そういうこだわりを持っている人なんじゃあないかしら。だとしたら、炊飯器でパッククッキング、わざわざやる必要なんてない、と私は思うのだけど・・・

新米をたくさんいただいた。ほんと、おいしいです。風味がいいの。その風味もご馳走です。そんなときはご飯だけ炊くことにしている。おかずは、ポットでつくればいいのだから、そうでしょ。

ポットににおいが移ちゃうのがいや!
使ったお湯を処分して、空のまま、蓋をしないで、よく乾かします。
それで、においがだいぶ消える。それでも気になるなら、水を入れ替え、柑橘系やクエン酸などを入れて沸騰させ、湯を捨てて乾燥させます。

私、飲料用としては魔法瓶設定のできる電気ポットを使っています。たまにしか飲まないお茶やコーヒーのためにお湯を保温していくのはもったいない。ケトルが便利そうだから買おうかな。
このページのトップへ
10月2日

真っ白な割烹着を身に付けたおじいさんの姿がなんともおかしい。
「母ちゃんの借り物だからよー、ぶかぶかなんだ」
その一言で場の空気が和みます。

本日の講習会のために、会長さんは奥様の割烹着(Lサイズ)を借り、檜原村から福生までやってきた。奥さんは大柄だとか。会長さんは超小柄。ちなみに、こういう夫婦を「ノミの夫婦」と言います。

檜原村の会長さんは、愛嬌もあるけど、手際もいい。ちょこちょこっとパックして、「こんなでいいのかなー」。
「ハイ、合格!」の言葉に、にっこり笑い、胸を張り、のけぞった。

割烹着のせいか、会長さんはかなりオバサン化していてかわいい。きっと本物のオバサンたちのアイドルね。メンズ部会の面々も、メンツにこだわらず、かわいい年寄りを目指すといいと思う。

「男のオバサン」は地域で上手に生き抜けそう。お宅のご主人、オバサンになれそうですか?
「シャイだからだめそう」なんて言っていないで、この際、改造計画に取り組んだらいいですよ。

調理ビギナーの男性には、包丁いらずの冷凍の里芋、鶏手羽元の甘辛煮、まずこんなものから始めるといいんじゃないかしら・・・
このページのトップへ
10月1日

日経ビジネス10月号に、パッククッキングが紹介されました。
掲載記事のコピーを知り合いからファックスで送っていただき、内容をチェックした。

「手軽にできるパッククッキング」
短い記事ながら、大切な部分はしっかり抑えてあります。この2,3日の電話の問い合わせは、この記事のおかげかな。

昔、お世話になったTさんからも電話をいただいた。何年ぶりかしらと思うほど疎遠だった。
「今度、寄らせてもらうよ」
「ぜひ、いらしてください。ところでまだ太ってますか?」
「なかなか痩せられないねえ」
「メタボ対策の相談、受付中です」
「ネタにされるの、ちょっといやだなあ」

彼、昔のままならかなりいいキャラなんです。
彼を痩せさせたら、パッククッキングは本物!?
なんか、わくわくしてきます。

このページのトップへ
9月30日

忙しかった9月が終わる。この週末はやっとのんびりできました。

真夏日から一転し、涼しさを通り越して、寒い。街行く若い人はブーツを履いてセーター、マフラーまでまいている。夏はもうおしまいなのね。なんか寂しい感じ。

温かいラーメンなんか食べたくないですか?

つい最近、2階の飲食店街にオープンした中華店は、小麦粉をこねて一塊にし、刀で削って麺をつくるのがウリの店なんです。行ってみようかなあ。焼き肉には興味がなかったんだけど、こちらは食べてみたい。

そろそろ新蕎麦の季節。こちらも無関心ではいられない。新米もおいしいし、脳みそが炭水化物に反応しちゃうんです。ダイエットを始めて2ヶ月、ヤバい時期に加えてヤバい季節の到来。

若い人は着るもので季節を先取りする。
私の場合はどうもハシリの食べ物みたい。

関心を食欲以外に見つけないと、ほんとヤバいです。

このページのトップへ

FC2Ad

Information

パッククッキングの伝道師
  • Author: パッククッキングの伝道師
  • レシピ集発売中
    『平常時は電気ポットで家庭版真空調理/非常時はカセットコンロで救命パッククッキング』
    (本体1800円+税90円+送料80円)
    郵便振込口座:パッククッキング協会 00160-5-336468
    連絡先:090-1046-3229(松井)
    メール:packcooking
    @i.softbank.jp

Search

Calendar

09月 « 2007年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

ご意見・ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。