パッククッキング倶楽部

ポリ袋調理(パッククッキング)愛好者の交流ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
11月30日

養成塾に参加して以来、毎日がパッククッキング生活だというのは8期生の五十部さん。

「大豆って、こんなにも風味が良かったんですね。これまではずっと缶詰の水煮を使ってたんです。まるで別物ですね。わざわざ高いお金でまずいものを食べてたって思っちゃいました」

ゆで上がったものをつまんで噛んでみると、大豆の風味が口から鼻へツーンと抜けるんです。水煮缶では決して味わえません。だから風味を生かすために調味料はほんの少量で仕上げます。1月に開封したおしょうゆ(720ml)、やっと使い切りました。値段は高かったんですが(1,000円)、使う量が少ないので家計の負担にはなりません。おしなべて、みりんも砂糖も消費量が少ないのに驚いてしまいます。

白菜と干ししいたけと豚バラでスープ煮、それぞれのうま味をいかし、味付けはシンプルに塩だけ、器に盛ってから七味とうがらしをかけていただきます。白菜がほんとおいしい。それにお安い、そこで豚肉は「もち豚」に、少し張り込んじゃいました。

081130.jpg


スポンサーサイト
このページのトップへ
11月29日

「こちら、袋料理の山崎さんです」と、金谷さんからそう紹介されたことがありました。まだパッククッキングを提唱して間もない頃だったんだけど、私的には「パッククッキングの山崎さん」と紹介されたかったんですね。

でも、いまはちょっと違います。「袋料理」、確かに言えてるって思うんです。この夏、新聞やテレビなどでパッククッキングが槍玉に挙げられて、そのことに気づかされたんです。電気炊飯器や電気ポットは単なる加熱器であり、湯煎器で行ってもかまわない、鍋に湯をはってもできるとね。どれを選択してもいいのです。しかし、ポリ袋は他のものに置き換えられない、家庭版真空調理=パッククッキングの主役は「ポリ袋」、まさに「袋料理」というのが正解なわけで、真空調理の達人である金谷さんの紹介のされ方は本質をついていたってことなんです。

パッククッキングは、ポリ袋の中の空気を抜くことで真空状態に近づけ、浸透圧の原理を生かして味を染み込ませ、素材の味や栄養素を損なわない、そこが最大の特長なんです。電気炊飯器料理でもなければ電気ポット料理でもないのだから、もしメーカーが使用についてこれからも圧力をかけるなら、使わなくてもいいし・・・

正直言って、今回のパッシングで少々めげたけど、いまはむしろ考える機会を与えていただき、本質を見極められたことに感謝してますよ。

いま、メーカーはいろんな付加価値をつけ、高額な炊飯器の開発に躍起になっているようですが、ご飯を炊くためだけの、湯を沸かすためだけの用途の機器に「明日はない」と、思うんです。一人暮らしの私、パックご飯に、ティファールで湯を沸かすほうが便利だし、そう思う人は今後も確実に増え続けるでしょう。

しかしながら、電気ポットを加熱器として使えば超便利な電化製品に生まれ変わります。メーカーさん、そんなに意地悪ばっかしていいのかしらねえ。それに引き換え「ポリ袋は様様」、なにしろ代用できませんからね。

「お店の人に聞いたら熱湯の中に入れてはいけませんと言われたんですが、大丈夫でしょうか」
先日、こんな電話がありました。インストラクターの皆さん、講習会にはポリ袋を持参し、正しく伝えてくださいね。ポリ袋は主役なんですから・・・

このページのトップへ
11月28日

今日もトマトソースでございます。今年の夏はずいぶんとつくり、いただきました。もうおいしいトマトがないので今シーズンはこれで打ち止めです。

清水の魚屋さんからおいしい塩サバが届いきました。今日はイタリアン。塩サバの塩が私には少々強め。トマトソースの塩を抑えておいてよかった。あらかじめ薄塩でつくっておくと、こういうときに加減できていいのよね。足りない場合はあとから追加できるから・・・

トマトは皮をむき、細かく切っておきます。完熟トマトを冷凍すれば、水をくぐらせただけで皮がつるんとむけますよ。だから出盛りの安値のときにまとめ買いするんです。玉ねぎとニンニクをみじん切りにし、オリーブオイルで炒め、トマトを加え、さらにバジルとローズマリーとロリエを加え、味付けはコンソメ、塩、こしょう、隠し味に砂糖とウスターソースをちょっとだけ加え、水分を飛ばし、最後に上新粉を加えます。こちらは鍋とコンロで加熱します。

加熱後、小さめのポリ袋に100gずつ小分け。それを98℃:5分パッククッキング。しっかり冷ましてからチルドか冷凍保存しておきます。

昨日の蒸し豚にも、粗挽きウインナーにも、鶏肉にも、もちろんパスタのソースにもバッチリよ。ポリ袋のまま電気ポットで簡単に再加熱できるし、ポリ袋のまま保存するからかさばらない。小さなスーペスでストックできるっていうのもありがたいわ。

ポリ袋って、ほんと便利、どんなことがあっても、絶対、手放せません。

081128.jpg



このページのトップへ
11月27日

「たまには劇場で映画を見るのもいいわね」ということで、友だちと銀座へ、「レッドクリフ」を観ました。迫力はあるけど期待したわりには内容が大味、音響の大きさと大掛かりな合戦シーンが目立ち過ぎ。でも諸葛孔明役の金城武が竹野内豊に似ててかっこ良かったし、シルバー料金1,000円にしてはまあまあ楽しめたかなあ。映画鑑賞を終え、お茶したら、まだ5時なのに日が暮れて、日没の早いこと。ご無沙汰している間に季節は移り初冬、寒くなりました。

「少し銀ブラでも・・・」
日頃の運動不足もあるし、ウオーキングを兼ねてウインドショッピングでも。銀座通りを京橋方面へ。まずは四丁目の交差点のすぐそばのミキモトの前には恒例のクリスマスツリー、今年も群馬県の嬬恋村から移植された大きなモミの木にきれいなデコレーション。相変わらず大勢の人だかりで賑わってました。ブランドショップのお店があっちにもこっちにも、どのお店もクリスマスムードでいっぱい。
「欲しいものがない」などと、周囲の人に聞こえよがしに見栄を張ったものの、スニーカーの私たちにはプラダもエルメスもお呼びじゃないわね。そして、1か月1万円生活を目指している私としては銀座でお食事するなんてとんでもありません。

銀座の名残りだけを自宅の食卓に持ち込んで、夕食はちょっとよそいきの器に、豚肩ロースの塊の蒸し煮と手作りのトマトソースでパスタを盛り付けてみました。デザートはりんごのコンポート。パスタさえゆでれば他はどれもつくりおきだから短時間でいただけます。お値段は外食に比べ格安なのは言うまでもありません。

映画を観て、目の保養をし、お茶して1,500円の出費、ウオーキングにはもってこいだし、なんだか銀ブラが癖になりそう・・・

081127.jpg


このページのトップへ
パッククッキング・インストラクター第9期生養成塾
来年3月7日(土)~8日(日)に開催いたします。
参加ご希望の方は、下記までご連絡ください。
kaze@fujinsya.co.jp
FAX03-5800-3387 
山崎まで このページのトップへ

FC2Ad

Information

パッククッキングの伝道師
  • Author: パッククッキングの伝道師
  • レシピ集発売中
    『平常時は電気ポットで家庭版真空調理/非常時はカセットコンロで救命パッククッキング』
    (本体1800円+税90円+送料80円)
    郵便振込口座:パッククッキング協会 00160-5-336468
    連絡先:090-1046-3229(松井)
    メール:packcooking
    @i.softbank.jp

Search

Calendar

10月 « 2008年11月 » 12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

ご意見・ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。