パッククッキング倶楽部

ポリ袋調理(パッククッキング)愛好者の交流ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
2月2日

最近、テレビを観る時間が増えました。このところはどこのチャンネルも中国製の餃子で持ち切りです。その前は、動けなくなった牛に電気ショックを与えて検査を通すというニュースもありました。「食」の大量消費と安価、消費者も食生活を見直す機会ですね。

数日前、こちらもテレビですが、漁業従事者の年収が90万円。親子3人で携わっていての一家の年収、暮らしが成り立たないと訴えていました。
「辞めたいけど、漁船のローンが残っていて、いま売りに出してもローンの返済にはとうてい届かず、辞めるに辞められない」

酪農業者も農業生産者も悲鳴を上げています。国内生産者は価格競争に翻弄され、離職する人が後を絶たないようです。先日、白菜を買ったら1個100円。畑で収穫し、段ボールに詰めて出荷して、運搬費をかけたら、もうけが出るのかしら。

消費者は、安いからといって簡単に食品を捨ててしまいます。「安物買いの銭失い」ですね。つくっていただいたものを食べるしかない私にできること、必要な分だけ買って廃棄しないこと。やっぱ、大きな冷蔵庫、買うのをやめようかな。

チェック体勢を一本化すると福田さんは答弁していたけど、この際、自給率を高める施政のほうが肝心だと、私、思うんです。

2日前、賞味期限の切れる油揚げを煮ておきました。さっと下湯でした小松菜に加え、パッククッキング。沸騰したら出来上がり。

080202.jpg

このページのトップへ

コメント

自給率40%

同感です。農業、漁業、林業従事者が食べていけなかったら、いずれ私たちも食べていけなくなります。食に関しては、日本人の60%が外国に依存しているわけで、つまりは親の年金に依存しているパラサイトみたいなものです。
「いつまでもあると思うな,親と金(輸入食料)」でございます。
にがよもぎこと粟屋啓子でした。(コメントのname欄に自動的ににがよもぎとでてしまうので、変更するのを忘れたのです。)

v-5山崎様
お元気でお過ごしですか。
私が病気の時支えて下さり本当にありがとう
ございました。私が今こうして生きて生活
できているのも、すべて山崎さんのお陰です。
鬱病、癌(乳がん)、父の死を乗り越え
今やっとこれからの自分を探そうと思って
います。
パッククッキングインストラクター講座に
申し込みさせて頂きます。
少し別人のようになっていますが、どうぞ
よろしくお願いします。

  • 2008/02/03(日) 09:47:12 |
  • URL |
  • 池田 #yl2HcnkM
  • [編集]

池田さん、大変でしたね。あなたはまだ若いから、これからですよ。
インストラクター養成塾なんですが、応募が多くて、お断りしている状況なんです。次回、5月か6月に予定しています。ご案内しますね。

案内を書き換えないといけないね。
皆さん、2月の養成塾の申し込みは締め切りました。
ご希望される方、次回にどうぞお申し込みを、お待ちしています。

  • 2008/02/03(日) 18:06:07 |
  • URL |
  • ゆきおんな #-
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

パッククッキングの伝道師
  • Author: パッククッキングの伝道師
  • レシピ集発売中
    『平常時は電気ポットで家庭版真空調理/非常時はカセットコンロで救命パッククッキング』
    (本体1800円+税90円+送料80円)
    郵便振込口座:パッククッキング協会 00160-5-336468
    連絡先:090-1046-3229(松井)
    メール:packcooking
    @i.softbank.jp

Search

Calendar

07月 « 2017年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

ご意見・ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。