パッククッキング倶楽部

ポリ袋調理(パッククッキング)愛好者の交流ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
7月29日

「天災は忘れた頃にやってくる」といいますが、近頃は忘れる間もなく次から次へ、災害に遭われた皆様にお見舞い申し上げます。

天災もですが、相次ぐ物価の値上がり、そして通り魔事件など不穏な世相、明日への不安がいっぱい。こういう時生こそ、静かで、ささやかな幸せ、「足るを知る」精神が大切ではないかと・・・

ひょっこり友人が寄ってくれました。

「このところ冬瓜となまり節ばっかりだね、あなたのブログ・・・」
確かに・・・でも半身のカツオに1/4カットの冬瓜ですから、しばらく続くのは仕方がないのです。

「同じものばかりで飽きるでしょ、でも一人だとそうなるのよね」
確かに・・・でも年をとったせいか、あんまりあれこれ食べたいとは思わなくなるものです。

長年、蓄積した調理の経験と工夫で、冬瓜となまり節だけでもアラカルト、これでけっこう満足してるんです。冬瓜と油揚げのみそ汁に、かつお節の代わりになまり節。友人に残り物をごちそうしました。

「おいしいのね」と評判は上々。「トンカツや焼き肉、天ぷら、食べたくない?」ときかれちゃいました。「食べたくなくはないけど、強いて食べたいとは思わない」と答えたら、「強がりいっちゃって」と取り合ってもらえません。本当にいまの食生活で満足なんですが、でも桜えびのかき揚げもおいしそう・・・

080729.jpg

このページのトップへ

コメント

素材は最高!余いじくらぬこと!

我が家もカツオの味付けないパックが主菜。最高ですよ。私のパートナーは(私主人とは言いません!主従関係ないもの(^^)。名前で呼んでます)生食しません。回転寿司に参ること皆無。従って、気の毒な子供たち、大人になって、自分の交友でデビューでした。そのような事情から新鮮な「カツオ」「マグロ」はすべて味なしパック。後は、素材により味をつけます。本日は「柚胡椒」先日は「ニンニク味噌」「シークワーサーと柚子塩」素材の味で深みのある最高の美味。下手に調味料を使うのは、料理お上手ではなく、かつ。味音痴、素材の味おしいと感じられないかたくなな経験の持ち主kかしら。
我が家の「カツオ、離水はぷるんゼラチン、美しくうま味が濃く、柚子胡椒としょうゆ相性ばっちり。冷やし鉢野菜(なす、たまねぎ、人参、ちんげんさいの冷やし鉢、キリと冷やし最高の一品、)すべてパック。ぽっちゃんかぼちゃコンデンデンスミルクあえ、熟成したカマンベール、パックで炊いた「一人用玄米」庭で取れたトマト3種、ルッコラ、イタリアンパセリ、ブラックオリーブ、キリ理と冷えたワイン白。「都市ガス」丸1日使用せず。おいしく充実した健康的な食事を短時間で準備、幸せをしております.同好志、皆さん楽しまれて居られますか?
 「パッククッキング」直火を使用しないので、室内にH2Oを発生させません。だから、室温上昇しないのですよ。調理中の熱中症の心配皆無かも。かつお、さより、みな骨ばばれ最高。ふっくら!1日3食作っても飽きません。時間かからず、「おいし」「我が先生香川綾は、晩年の食事、素材の味を楽しまれ、調味料を駆使した技法を駆使した料理を召し上がられなかったそうです。素材のままで、過熱、蒸し、ゆで、その時々の味を載せ、かけて召し上がられたそうです。調味料は素材が豊かな味でなかった事から各種の調味量、料理が生まれたそうな。」自家製生ぶしに柚子胡椒おためしあれ、ドリップはぷるるんゼリーで美しくうまみたっぷり。シンプル イズ ベスト!
 冬瓜は一つまみの塩のみ。水もだしも入れません。出たお汁とともに戴きサッパリさわやか。お試しあれね。
 88歳進化中。驚き。楽しいおもちゃと遊んでいるような雰囲気。調理を鍋で行うことは、長い主婦の歴史が染み付き、「もういいかげんめんどくさい!」の心境。わかります。出来上がった料理は同じ形態でも、工程が異なれば、別の行動。新鮮な工程。新ししおもちゃで遊ぶがごとくの気持ちのよう。 自立を持ち直したこと嬉しいですね。
 人に押し付けるのではなく、楽しそうに「口、味覚、おいしい」などをそれとなく、使用法を見せて刷り込み。実施することに限りますね。
 皆様も諦めず、押し付けず、舌と胃袋に訴えて地道に広げましょうね。
 さあ、明日も涼しく「楽しく食事つくりましょう」
 皆様、素材の味たのしみましょうよね、さて明日は、アロエとゴーヤに兆戦
(*^0^*)/

『基本レシピ43』に「サンマの酒蒸し」を載せるとき、調味をいろいろ試した結果、いちばんおいしいと思えたのが、「何も入れない」だったんです。それでは料理名がない、ということであえて酒と昆布を加えて「酒蒸し」にしたのです。素材にはそれぞれの味があって、それを十分に生かす調理がいちばん望ましいわけです。調味料は素材に勝ってはいけませんし、じゃましてもいけません。パッククッキングで調理するようになってそのことに気づかさせられました。師匠の川平シェフが「この調理法で食べ慣れてしまうと、外のものが口に合わなくなる」、当初、そのような話をされておりましたが、4年経ったいま、同じことを言う私がいます。四の五の言わず、押し付けず、まずはごちそうしてあげる、おいしいものの味を知っている人なら、ちゃんとわかるはずです。「つくった気がしない」と、抵抗していた姉も、近頃はすっかりパッククッキングになじんできました。すぐ飛びついてくれる人もいますが、時間のかかる人もいます。まずは鍋や電子レンジとのおいしさに違いがはっきりわかるものをごちそうしてあげましょう。

  • 2008/07/30(水) 09:47:35 |
  • URL |
  • ゆきおんな #-
  • [編集]

傷の手当といっしょです

素材の良さ(能力)を活かすのがパッククッキング。その点はラップ療法(創傷治療)も一緒です。切り傷なんかは、治ろうとする素材(人間)の自己免疫力の邪魔をしなければ自然に治るものを、消毒とガーゼでわざわざ邪魔をするのが150年続いた現代医療です。小生も、食材の力を信じて、“そのまんまパッククッキング”に徹して、毎朝、妹の弁当作りに励んでいます。

  • 2008/07/30(水) 14:00:30 |
  • URL |
  • mint #-
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

パッククッキングの伝道師
  • Author: パッククッキングの伝道師
  • レシピ集発売中
    『平常時は電気ポットで家庭版真空調理/非常時はカセットコンロで救命パッククッキング』
    (本体1800円+税90円+送料80円)
    郵便振込口座:パッククッキング協会 00160-5-336468
    連絡先:090-1046-3229(松井)
    メール:packcooking
    @i.softbank.jp

Search

Calendar

07月 « 2017年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

ご意見・ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。