パッククッキング倶楽部

ポリ袋調理(パッククッキング)愛好者の交流ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
9月9日

『パッククッキング基本レシピ43』と『パッククッキング応用レシピ88』、2冊のレシピ集が、いきなりがテレビ画面に現れて驚いちゃいました。特に置かれた場所がど真ん中、他の本に比べて判型が大きいからとりわけ目立つ。

ゆうどきネット(NHK)の本日の放送で、圧力式炊飯器の事故例が取り上げられました。

内容は、圧力式炊飯器はマニュアル通りに使うことで事故は起きない、事故は用途外の使用で起きている、特に最近流行っている炊飯器で調理するのは一歩間違えると事故につながるなど、炊飯以外の目的で使用する際の危険性をひたすら強調。その一例として煮豆の加熱、あく取りシートやポリ袋を内釜に入れて加熱したケースでの実験の様子が紹介され、吹き出したり、破裂したりする映像がずっと続く。
あれを見たら、知らない人は、
「あ~あっ、恐ろしや・・・」
確かにトラウマになる人、いるかもしれません。

制作スタッフは、パッククッキングのレシピを本当に読んでくれたのでしょうか。

圧力式炊飯器の使用については、7ページで詳しく解説してあるし(次の改定では〈使用を避ける〉にします)、湯煎で行ってはいけないと明記してあるし(6ページ)、だから映像にあったような、「内釜に米も入れずにポリ袋をじかに入れて行う」提案はしていません。

煮豆は、基本レシピ(炊飯器バージョン)では五目豆(13ページ)だけです。しかも分量は総重量で130g、これぽっちの量でポリ袋が破裂するでしょうか。

今回、実験されたケースにパッククッキングは該当しないことを、パッククッキング愛好家の皆さんに、まずお断りしておきます(お断りするまでもないと思いますが念のために)。なによりも残念なのは、今回の実験結果があたかも「パッククッキングに原因あり」のような印象を視聴者に植え付けてしまったのではないかという不安です。そう思わせるような作為的なものが働いていたとさえ、感じさせる報道の姿勢です。

もう一つ、不信感を募らせたのは、カレーライス(パッククッキング)の映像です。あれは2年前、同番組で放送されたときに使用した映像です。手元は正真正銘、私の手に間違いありません。にもかかわらず今回の報道に際し、NHKからは一切、連絡を受けておりません。著作権はNHKにあるのですから、無断使用に問題はないと思っているのでしょうが、一言断りがあってもいい、仁義を欠いてはいませんか。一方、炊飯クッキングのほうは、今回、きちんと取材されています。

ちなみに、日本電機工業会から編集部にクレームが寄せられたのは2年前のNHKの放送直後でした。今回、その団体の職員も取材に応じておりました。なんとなくですが、2年前のリベンジを果たしたつもりなのかと勘ぐりたくなります。それにしても、公共放送と行政(東京都)がタッグを組んでメーカーの肩を持つようなスタンスをとって、いいのでしょうか。

メーカーがマニュアル通りを強調するなら、私たちもマニュアル(レシピ)通りを強調しましょう。レシピ通りやれば、パッククッキングになんら問題はありません。だだし、レシピ集を勝手に解釈したり、逸脱したりするのはいけません。ルールを守って安全・安心・快適自炊生活を!

前にもブログに記したように、「道具は、暮らしを便利にしてこそ、価値がある」のですから・・・

このページのトップへ

コメント

危険! 圧力炊飯器

ゆうどきネットワークのタイトルが「危険! 炊飯器調理の落とし穴」となっていましたが、東京都が行ったのは圧力炊飯器の安全性です。調査結果から、都は、「圧力炊飯器は、消費生活用製品安全法の特定製品に該当し、商品の誤った使用が消費者の生命や身体に対する被害を引き起こす恐れが大きいので、使い方には十分注意しましょう」というアナウンスをする予定でしたが、発表の段階になって、メーカーサイドから強い抗議を受け、「圧力炊飯器の安全性」を「炊飯器調理の安全性」にすり替えてしまいました。それを日本経済新聞やNHKなどが追随し、炊飯器調理パッシングとなった次第です。報道されなければならないのは、「危険! 圧力炊飯器の落とし穴」であり、問題とされなければならないのは、その危険性にほうかむりして1台10万円もするようなIH圧力炊飯器を売りまくっているメーカー、そしてそのサポーター役を買って出ているマスコミなのです。私たちパッククッカーは始めから「圧力炊飯器は控えましょう」と言い続けてきましたが、これからは、ビギナーには特に、「圧力炊飯器は危険だから使うな!」と指導したらいいでしょう。東京にいたら、すぐ、都庁に乗り込んでいって抗議するところですが、岐阜県の山奥にいてはなかなか行動に移せません。残念です!!!!

  • 2008/09/10(水) 07:40:01 |
  • URL |
  • mint #-
  • [編集]

マスコミの報道は腹立たしいけれど、
私たちインストラクターがお伝えした方々の
嬉しそうな笑顔を私は知っています。
その笑顔は私たちの誇りです。
山崎さん、大丈夫。
山崎さんの意思はきちんと伝わっています。
私たちインストラクターはパッククッキングを
丁寧に正しくお伝えしていくことが使命だと。

  • 2008/09/10(水) 14:05:01 |
  • URL |
  • みやちゃん #-
  • [編集]

TVリアルタイムで観ました。情報発信NHKは本の中身を観ずに本を並べていますね。だって、応用レシピ88はポットでクッキングですもの。なにやら、「電気工業会の視覚で攻撃」がありありですね。でも、現実に日々のご飯に実践している私たちが正しく情報広報伝播者なんです。安全に約束遵守でつかい続けていきますね。
 「ヒタヒタとおしよせる脅威」の存在なのでしょうかね?パッククッキングは・・・。
 何故でしょうか、多分自分たちが気がつかなかった使用法で、かつ、どんなに書いてあっても十分に理解せず、読まずに逸脱した危険な行為をする消費者の存在を知っているからでしょうか?
 今後も、私たちインストラクターが穏やかにかつ迅速に必要とされている方たちに伝えましょうね。
 足をすくわれないように伝えていきますね。

  • 2008/09/11(木) 14:58:18 |
  • URL |
  • y子 #-
  • [編集]

NHKではないのですが、11日めざましテレビでも炊飯器によるパッククッキングの事故報告をしていました。
それがおかしな内容で、パック1個では変化がなかったので、3個にしてやってみました・・・って暴発して当然の結果ですよ。見ていて呆れてしまいました。
インストラクターはきちんと指導しているはずですよ。便利アイテムなだけに、人から人への又聞きで、重要ポイントが抜けていくんでしょうね。こんな時こそ、インストラクターが本領発揮しなくては!です。
山崎さん、挫けずにがんばっていきましょう。

哲学用語ですが、ある一時代の支配的な物の見方を「パラダイム」というのだそうです。支配的なんですから枠からはみ出すような物事を言ったり行ったりすると叩かれちゃうんですね。これを覆すにはより多くの大衆を味方につけなければならないそうで、インストラクターの皆さん、今後とも地道な活動を続けていきましょう。
パッククッキングのよさは皆さんたちがわかってくださるように、必ずや誰もに伝わるはずですもの。パッククッキングが広まったら、そのことで誰に不利益がもたらされるのか、答えは簡単なんです。「脅威」に感じている人たちがいるっていうことなんでしょうかね。
インスタラクターの皆さんたちとは、今後も情報交換を重ね、多くの人に役立っていただけるよう、みなで頑張りましょう!

  • 2008/09/14(日) 21:31:41 |
  • URL |
  • ゆきおんな #-
  • [編集]

現実に事故がおきているのですから、警鐘は当然かと思います。
それよりも、
「メーカーが悪い」
「マスコミが悪い」
といった責任逃れに
不信感を感じました。

  • 2009/05/10(日) 18:09:04 |
  • URL |
  • 一般人 #-
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

パッククッキングの伝道師
  • Author: パッククッキングの伝道師
  • レシピ集発売中
    『平常時は電気ポットで家庭版真空調理/非常時はカセットコンロで救命パッククッキング』
    (本体1800円+税90円+送料80円)
    郵便振込口座:パッククッキング協会 00160-5-336468
    連絡先:090-1046-3229(松井)
    メール:packcooking
    @i.softbank.jp

Search

Calendar

07月 « 2017年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

ご意見・ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。