パッククッキング倶楽部

ポリ袋調理(パッククッキング)愛好者の交流ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
9月14日

私がどうしてパッククッキングを伝えたいと思ったのか。

「介護生活を楽にしてくれるツールになる」と、まずは自分自身の介護生活をふりかえり、確信できたからです。

・ 咀嚼や嚥下の機能が低下すると加熱調理に時間がかかる
・ ほんの少量でいいのに、どうしてもつくりすぎてしまう

介護経験のある方なら、そのあたりの事情はよくおわかりだと思います。父は認知症に加え、様々な慢性疾患がありました。

その一つが気管支ぜんそくで、特に症状の重いときなどは日に3度も4度もネブライザーで吸入、ずっと父に付き添わなければなりませんでした。1回の吸入に40分ほどかかります。

吸入中にポットの中でお粥が炊けていたらどんなに便利でしょう。ついでにかぼちゃの煮物やとうがんの葛煮なども出来上がり、吸入後はすぐに食事が整います。

これを従来の調理法で行ったときを考えてください。下処理にかかる時間は同じですが、加熱している時間、すなわちコンロの前にいる時間はいらなくなり、その時間を他の用事に置き換えられるのです。その当時の私がパッククッキングを知っていたとしたら、自分の食事を座って食べるだけのゆとりは十分得られたことでしょう。

認知症の人によくみられる「黄昏症候群」。夕飯の支度をしている最中、父が「帰る」と言い出して、加熱を中断しなければなりません。納得するまで散歩に付き合い、帰宅後、食事の支度を最初からやり直す。出来上がる前に父は空腹のまま寝てしまう。そしてこちらが寝ようとするころに起きだす。父の生活サイクルが乱れ、介護者の生活もふりまわされてしまうのです。散歩に出かける前に炊飯器にセットしておけば、戻ったときには出来上がって、なおかつ保温されていて、温かい食事にすぐありつけます。散歩し、お腹がいっぱいだったら、その後はぐっすり眠ってくれると思いませんか。

介護は、24時間、毎日つづきます。看取り終えたいま、私は介護の日々に大きな意味を感じていますが、いまでも鮮明に記憶に残っていることは「介護する人もされる人も、大変な思いをしなければ人は死ねない」ということです。50代の半ばの年齢でさえ、そう思えたのですから、この先、老いてからの介護の辛さ、予測がつきます。そして、介護者は客観的に考えても考えなくても、放り出すことはできません。

パッククッキングが広がり、本当に役立つ人の元へこの調理法が伝わり、正しく活用していただいて、少しでも介護生活が楽になってほしいと願っておりました。インストラクターのみなさんの力も借りて、ということで養成塾にも取り組んだのです。

今回、映像の持つ影響力の大きさを思い知らされました。「証拠が捏造(ねつぞう)され、でっち上げられる」、これまでの生活ではおよそ無縁だったことが我が身に起ころうとは・・・「人様に後ろ指さされるような行動は慎むこと」、これは両親の教えでした。このような憂き目に遭うなんて少しも考えていませんでした。

ところで、いま、食にまつわるキーワードは「食と健康」「安心・安全な食」「医療費や生活費の軽減をもたらす食」にシフトされていると、私は思う。そのなかであなたの食生活に何が必要で、何を選択するのか、皆さん、この機会にご自分の問題として、考えてみませんか。

高機能、高額、高圧力の炊飯器がなければ、日々の炊事に支障をきたしますか? おいしいものが食べられませんか?

このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

パッククッキングの伝道師
  • Author: パッククッキングの伝道師
  • レシピ集発売中
    『平常時は電気ポットで家庭版真空調理/非常時はカセットコンロで救命パッククッキング』
    (本体1800円+税90円+送料80円)
    郵便振込口座:パッククッキング協会 00160-5-336468
    連絡先:090-1046-3229(松井)
    メール:packcooking
    @i.softbank.jp

Search

Calendar

05月 « 2017年06月 » 07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

ご意見・ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。