パッククッキング倶楽部

ポリ袋調理(パッククッキング)愛好者の交流ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
10月8日
---------------------------------------------------------------------------
 一昨日の朝日新聞(10月5日)朝刊の社説「こんにゃくゼリー 悲劇を重ねないために」を読んでちょっと考えさせられた。
「窒息の引き金となる食品は、餅をはじめ、ほかにもたくさんある。だが、こんにゃく入りゼリーはEU(欧州)や韓国では販売が禁じられた商品である。そうしたことをことも念頭に、対策作りに知恵を絞ってもらいたい。メーカーは包装紙の警告文を増やし、大きな表示もするという。それは当然だが、のどに詰まりにくい安全な商品をつくる工夫を改めて求めたい。それは企業の社会的な責任である」

 こんにゃく入りゼリーはEUや韓国では販売が禁じられた商品だということは知らなかった。ただ、ネットなどで調べてみると、販売禁止の理由が、窒息の危険性があるからというのではなく、「コンニャクイモから精粉したグルコマンナンは欧州では食品添加物扱いなので規制できるが、日本ではこんにゃくの原材料として使われているため禁止できない」という理由らしい。それを「EUや韓国では販売だ」と声高に叫ぶのはちょっとフェアではない。

問題は、「のどに詰まりにくい安全な商品をつくる工夫をすることが企業の社会的な責任である」とまで言えるかどうかである。「のどに詰まりにくい安全な商品をつくればヒット間違いなしです。ぜひ、開発にチャレンジしてみてください」というならわかるが、社会的責任とまで言われると、消費者の立場としてもメーカーに同情したくなる。

東京都の圧力炊飯器の商品テストを例に考えてみよう。炊飯器クッキングがこれだけ普及しているのだから、またそれだからトラブルも多発しているのは事実であろう。それだから、マスコミは「炊飯器クッキングは止めましょう」と炊飯器クッキングをやり玉にあげる。、「炊飯器クッキングがでトラブルが多発しているから、メーカーは湯の吹きこぼれない炊飯器、電気ポットをつくりましょう、それがメーカーの社会的責任です」という論をはったマスコミはどこもない。

わがパッククッキング協会としてはそこまでは期待していない。「本来の機能以外の使い方をしても、我が社の炊飯器だったら安全です」という炊飯器や電気ポットをつくったらヒットするのではないだろうかとアドバイス(?)したくなるだけだ。

こんにゃく入りゼリー騒動は、「メーカーの社会的責任」か「消費者の自己責任責」かを考えるうえで格好な題材だが、小生はちょっとまだ考えがまとまらない。みなさんの考えをコメントしていただければ幸いである。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------(追加メッセージ)
本日の毎日新聞によると、販売中止が決まったそうです。
「こんにゃく加工品メーカー「マンナンライフ」(本社・群馬県)は7日、兵庫県の1歳男児が今年7月に食べ窒息死したミニカップ入りこんにゃくゼリー「蒟蒻(こんにゃく)畑」の製造中止を決め、卸売会社に通知した。マ社品質保証室は「警告マークを大きくするなど行政に要請された改善策に応じられないため」と説明している。」


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
恵那に単身Uターンして丸4か月経った昨日久しぶりにヘルスメーターにのったら、体重が約3kgも増えていた。右肩上がりにあるとは自覚していたが、そこまで増えているとは思っていなかっただけに、ちょっとガックリである。

思い当たるのはここ1か月ほど続いた栗三昧生活であるこの地はなんといっても栗の本場である。あっちからこっちから、毎日のように栗の差し入れだ。生栗が届けられるのをはじめ、栗ご飯、栗の渋皮煮、さらには手づくりの栗きんとんも3軒ほどから頂いた。栗のエネルギーはなかなかバカにならない。これ以上体重が増えては、パッククッキングの講習で人前に立てなくなる。このままいくと、年末には70キロ台に突入しないとも限らない。母と妹に「栗お断り」の通達を出したが、彼女らに責任はない。栗にも責任はない。結局、「自己責任」である。今日から毎日ヘルスメーターに乗るよう心がけよう。

それにしても「楽してやせたい」願望は留まるところを知らぬ。朝バナナダイエットはもう古く、いま、巷では「とろろ昆布ダイエット」が急上昇しているという(『アエラ』10月13日号)。ウソのような本当の話です。
このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

パッククッキングの伝道師
  • Author: パッククッキングの伝道師
  • レシピ集発売中
    『平常時は電気ポットで家庭版真空調理/非常時はカセットコンロで救命パッククッキング』
    (本体1800円+税90円+送料80円)
    郵便振込口座:パッククッキング協会 00160-5-336468
    連絡先:090-1046-3229(松井)
    メール:packcooking
    @i.softbank.jp

Search

Calendar

09月 « 2017年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

ご意見・ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。