パッククッキング倶楽部

ポリ袋調理(パッククッキング)愛好者の交流ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
3月20日

「かき回す手をとめてはいけないよ」
母から教わったように、しゃもじを鍋底に当てて、あんこを練り上げる。水分がなくなると、小さな孔がプチプチとはじけ、時折はねたあんが手にかかり、そのときの熱いこと。でも弱火で時間をかけて練り上げたあんはツヤが出て、なんともおいしそう。

開封し、使いかけの小豆をかき集めたら150gほどあったので、まず下ゆでだけをパッククッキング。砂糖を加えると量が増えるので練り上げる部分は久しぶりに鍋で行いました。

私はこしあんのほうが好き。それに春のお彼岸だから本当はこしあんにしたい。でも、さらしあんをこしらえるには、小豆の量が少なすぎるので、今回は粒あんです。

春の彼岸は「ぼたもち」で、秋の彼岸は、「おはぎ」、春は牡丹の花、秋は萩の花をイメージして、名付けられたようです。風流ですね。それがいつの間にか一年を通して「おはぎ」と呼ぶようになったそうです。

ちなみに、春はさらしあん、秋はつぶあん。それは、秋の収穫したての小豆の皮が軟らかいからで、それが春になると皮が硬くなり、さらして取り除いてからあんにするのだそうで、ちゃんと意味があるんですね。

今日はお中日、お墓参りの予定でしたが、同行するはずだった姉の都合で、急遽、変更になりました。だから、今日は両親の写真の前にお供えする分だけです。といっても実際には私のお腹におさまってしまうのですが・・・

日曜日の墓参りには姉の家族の分もつくる予定です。あんこさえあれば、簡単ですから・・・

090320.jpg

このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

パッククッキングの伝道師
  • Author: パッククッキングの伝道師
  • レシピ集発売中
    『平常時は電気ポットで家庭版真空調理/非常時はカセットコンロで救命パッククッキング』
    (本体1800円+税90円+送料80円)
    郵便振込口座:パッククッキング協会 00160-5-336468
    連絡先:090-1046-3229(松井)
    メール:packcooking
    @i.softbank.jp

Search

Calendar

09月 « 2017年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

ご意見・ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。