パッククッキング倶楽部

ポリ袋調理(パッククッキング)愛好者の交流ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
3月21日

9期生のNさん、電話での開口一番はこんな感じ。
「パッククッキングに出会って、そして養成塾に参加して心からよかったって、思います」

9期生の中でも、特にNさんは印象に残ってます。というのも、現在、介護の仕事をしながら、在宅では実母と義母の介護の奮闘中、その昔、私の介護の日々とダブったものだから・・・懇親会の席で聞いたお話はこんな内容。

夫婦と子ども4人で暮らしていたある日、実母の介護が始まった。社会人の子ども2人を自宅に残し、夫婦と学生の2人の子どもを引き連れて実家で実母との同居を開始。まもなく、夫の故郷で一人暮らしをしていた義母にも介護が必要になった。そして彼女の実家で義母も同居。が、老婆2人の性格、価値観がまるで逆。例えば、朝食は、実母はパン食、義母はご飯食、というぐあいに・・・同じものをと思うが、パン食にすれば義母が不満をいい、その反対にすれば、今度は実母から不満が出る・・・これはほんの一例なんですが・・・Nさんは一つ屋根の下で老婆たちとの暮らしに苦悩している。

かつて私も、夫の父親、実両親と、同時期に3人が「要介護5」だったことがあり、友人からは「要介護15」だとからかわれたが、そのころは余裕がなくて笑えなかった。私の場合はそれぞれ別々な場所で、介護者も専従で関わっていたけど、3人合わせて「要介護15」、ならば一カ所にまとめて介護したほうが経済的にも肉体的にも楽かもしれないと考えたこともあった。でも、現実にはそれがどんなに困難なことか、想像できたから選択しなかった。夫や子ども、義母にも実母にも気遣いながら暮らしているNさんの大変さが伝わってきました。

「あなたに小さなポリ袋(9号)をプレゼントします」
時間のあるときに、前倒しに、個別でつくり、好みを聞いて、食べたいものを選ばせ、ポットで同時に再加熱。これなら忙しい朝の食事の支度も簡単にすむ、不満の種もいくらかは解消されるんじゃあないかしら、とね。Nさんにざっくり伝えたんです。さて帰宅後、Nさんはどうしているかと、気になってました。

「さっそく教わった通りに個別でつくってます。ほんと、簡単で、助かります。2人の親もおかげさまでご機嫌です」
と、うれしいお話を聞かせていただいたまではよかったんですが、Nさん、昨日、こたつ布団に足をひっかけ、くるぶしに近いところを骨折。一難去ってまた一難。まあまあ大変!

「高校2年になる息子がパッククッキングをおもしろがって、手伝ってくれるんです。2人の親も私に気遣って、やさしい言葉をかけてくれて、みんなが協力的だからなんとか乗り切れそうです」

肉体的には大変かもしれませんが、精神的にずいぶんと落ち着かれたようです。息子さんがパッククッキングをやっている姿、こちらも微笑ましいです。

このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

パッククッキングの伝道師
  • Author: パッククッキングの伝道師
  • レシピ集発売中
    『平常時は電気ポットで家庭版真空調理/非常時はカセットコンロで救命パッククッキング』
    (本体1800円+税90円+送料80円)
    郵便振込口座:パッククッキング協会 00160-5-336468
    連絡先:090-1046-3229(松井)
    メール:packcooking
    @i.softbank.jp

Search

Calendar

10月 « 2017年11月 » 12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

ご意見・ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。