パッククッキング倶楽部

ポリ袋調理(パッククッキング)愛好者の交流ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
4月9日

夕飯は、かなり豪華にいっちゃいました。筍ごはん、若竹煮、筍のみそ汁などなど。今シーズンのお初でございます。

オヤジギャクを飛ばす後藤アナが野崎さんに尋ねます。
「だしは?」
野崎さんが答えます。
「素材からうま味が出るのでだしはいりません。水です」

今日も野崎さんは「素材の味を大切に」と言います。料理研究家の方たちもそうおっしゃいますが、野崎さんのように説得力がないんです。「水でいい」なんて言いません。「だし汁○○カップを加えます。おだしは昆布とかつお節で・・・」なんてね。

でも今日の筍の下処理にはびっくり。大根おろしの汁と水、塩を1%加えた中に切った筍を30分浸すだけ、浸した後は水から煮込むだけなんです。筍ごはんに至っては、筍を大雑把にごろごろ切ったものを米とともに炊きます。一緒に入れるのはみじん切りの油揚げ。調味は酒とうす口しょうゆだけです。

若竹煮はワカメとフキと煮干し。調味はこちらも酒とうす口しょうゆだけです。なにはさておいても筍を買いに行かなきゃあ。

買ってきた筍の皮を除いて、適当に切って浸すだけ、糠でゆでなくてもいい。今日、すぐにでも食べられます。ゆでて冷まして、なんてやってたら今日の夕飯には間に合いませんよね。

エグ味がなく、筍の風味はそっくりそのまま、この時期ならではの春の香り、甘みがあって、まるで掘りたてのようです。乱切りの筍があまりにおいしくてうなっちゃいました。若竹煮は野崎さんの調味料よりうんと少なめ、風味はより深め、パッククッキングですからね。

都市部に住んでいる私、掘りたての筍を口にすることなどできませんが、この下処理なら掘りたてと変わりないかも。

母ゆずりで、昔からみそ汁だけは、少々、エグ味があってもアクがあっても、ゆがかずに生のまま細かく切ってつくってました。だしを使いません。アクがだしです。そして根三つ葉を散らします。青竹の風味を楽しみます。

でも、筍ごはんや若竹煮はしっかりゆがいたもので、生のままでつくったことはありませんでした。おすすめですよ。

090409.jpg

このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

パッククッキングの伝道師
  • Author: パッククッキングの伝道師
  • レシピ集発売中
    『平常時は電気ポットで家庭版真空調理/非常時はカセットコンロで救命パッククッキング』
    (本体1800円+税90円+送料80円)
    郵便振込口座:パッククッキング協会 00160-5-336468
    連絡先:090-1046-3229(松井)
    メール:packcooking
    @i.softbank.jp

Search

Calendar

06月 « 2017年07月 » 08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

ご意見・ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。