パッククッキング倶楽部

ポリ袋調理(パッククッキング)愛好者の交流ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
5月15日

すっきり晴れて気持ちのよい朝ですが、少し肌寒い。湿気がないから、こういう日は衣替えにはうってつけです。

行きつけのクリーニング屋さんに、この時期に冬物をお願いすると、秋まで預かってもらえるんです。台所だけでなく居住空間の狭い我が家とっては大助かり。空になったタンスに夏物を収める前に、ハンガーにかけて、陰干しします。ナフタリンのにおいは風に当てることで消臭できますから・・・

「ポットに〈におい〉がつきませんか?」
講習会で、よくある質問です。本格的にパッククッキングを行うならば専用のポットをとお勧めしますが、試しにとか、とりあえずとかいう人は使用後のポットのにおいが気になります。普段はお茶やコーヒーを飲むために湯を沸かし、保温用に使っているわけですから・・・

「使用後、直ちに熱湯を捨て、蓋を開け放し、よく乾燥させてください。においは揮発性ですから、乾燥すれば消えますよ。ナフタリンのにおいも陰干しすると、いつのまにか消えますでしょ。あれと同じです」
というぐあいに回答します。ただし、やけどにはくれぐれも気をつけて、という言葉も忘れずに・・・手元がくるったり、ふらついて転んだりして熱湯が体にかかると困りますからね。

「におい」の漢字には、「臭い」と「匂い」があります。「臭い」とは「くさい」「すえた」という意味で悪臭です。一方、「匂い」は「かおり」です。コーヒーや緑茶など、かおりをいただくものですから、ふろふき大根やごぼうなど、パッククッキングで使用した湯を用いるのは論外で、お湯を変えても直後だとにおいが残り、興ざめです。

片付けものをしている間に、新ごぼうでしぐれ煮をつくりました。ポットから取り出して、ポリ袋を開けたときのいい匂い、なんともいえませんねえ・・・ごぼうもこの場合はかおりです。

090515.jpg

このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

パッククッキングの伝道師
  • Author: パッククッキングの伝道師
  • レシピ集発売中
    『平常時は電気ポットで家庭版真空調理/非常時はカセットコンロで救命パッククッキング』
    (本体1800円+税90円+送料80円)
    郵便振込口座:パッククッキング協会 00160-5-336468
    連絡先:090-1046-3229(松井)
    メール:packcooking
    @i.softbank.jp

Search

Calendar

08月 « 2017年09月 » 10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

ご意見・ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。